〒107-0061 東京都港区北青山3-5-4青山高野ビル5階

03-6721-1188

表参道 一般診療 乳幼児健診 予防接種

HOME医師の紹介クリニック案内診療案内初診の方へアクセス




2016-2017インフルエンザワクチンについて

contents menu

問診票ダウンロード

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  インフルエンザワクチン2016-2017

注射型ワクチンについて(チメロサールフリーワクチンは製造されません)

2016-2017シーズンにおいてチメロサールフリーのインフルエンザワクチンは製造されないことが決定されました。
理由としては、ワクチンメーカーの大手である化血研の工場が熊本にあり、先日の震災の影響があるようです。

チメロサールは有機水銀製剤で、微量でも殺菌効果が高いためワクチンの防腐剤として使用されているものです。
水俣病の原因であった無機水銀とは別のもので、体内への蓄積は少ないものになります。
体に対する影響はほぼ無い、もしくはわずかと考えられますが人間が摂取した場合の安全性について統一された基準が存在しないこと、また妊婦や乳幼児については「あえて投与するものではない」という考え方に基づき近年ではチメロサールフリーのワクチンの開発が進んでいます。
現在、WHOの基準ではチメロサール内のエチル水銀摂取基準は0.22μg/kg/日となっています。
インフルエンザワクチンに含まれるエチル水銀料は0.5mlあたり0.001mg(1μg)になりますので、ほぼ全ての方でインフルエンザワクチン接種においてこのWHO基準を上回ることは無いと思われます。
また、妊婦においても日本産科婦人科学会ではチメロサールへの胎児への悪影響は無いとされており、接種を推奨しています。
チメロサールが入っていないに越したことはありませんが、現状ではチメロサールが体内に入ることのリスクよりも接種を行わないことでインフルエンザに罹患するリスクの方がはるかに大きいと判断し、当院でも接種を推奨しています。

昨年まで、チメロサールフリーをご希望されていた方には申し訳ありませんが、2016-2017シーズンについては日本全国どこにいってもチメロサールフリーのワクチンはない状況になります。
上記につきご検討いただき、インフルエンザに罹患するリスクを考慮していただき接種をご検討いただきますようお願いします。

2016-2017シーズンのフルミスト導入中止について

フルミストとは、鼻の中に噴霧するタイプのインフルエンザワクチンです。
活性を低下させたインフルエンザウィルスを鼻腔内に噴霧することで体内でインフルエンザ感染と類似した環境を作り、インフルエンザウィルスに対する免疫を誘導します。
2003年にアメリカで承認され、2011年にヨーロッパで承認されていますが、日本では未承認のワクチンになります。

当院では、2013年の開院以来
①疼痛が少ないことによる患児への負担が減少するメリット
②有効期間が長いことで、流行が遅れた際のインフルエンザ罹患のリスクを減らせるメリット
を重視し、フルミストを積極的に導入してきました。

導入当時、フルミストと注射型のワクチンいずれもが導入されている国においては、
「幼少児はフルミスト接種を積極的に推奨する」
状態でした。
その後のデータ蓄積で、米国疾病管理予防センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)より2015-2016シーズン(昨年)は
「フルミストも注射型も、どちらを選択してもよい(予防効果はあまり変わらない)」
となりました。
そして2016-2017シーズン(今年)においては、6月に
「フルミストは接種すべきではない(注射型の方が有効)」
という発表がなされました。

上記の発表を受け、またフルミストが日本では未承認のワクチンであることを併せて考慮し、本シーズンはフルミストは導入せず注射型のワクチンでインフルエンザ対応を行うこととしました。
今後、フルミストが再び「小児に推奨されるワクチン」になった場合は再度速やかな導入を行っていく予定です。
昨年までフルミストを利用してくださっていた方には申し訳ありませんが、上記理由によるフルミストの導入中止につきご理解いただければと思います。

診療受付時間

 
8:30~12:00
(受付終了11:30)
14:00~15:30
15:30~18:00
(受付終了17:30)

〇:一般診療(予約システムでは7日前から予約可能です)
◎:乳幼児健診・予防接種(予約システムでは60日前より予約可能です)
【休診日】 水曜日・日曜日・祝日