診療案内

 

一般外来

小児科全般に関わることに対応いたします。

小児科領域で、頻度が高い疾患は感染症です。各種感染症の症状・程度に応じて必要最低限の投薬を行います。漫然と投薬を続けることはいたしません。
今までの診療経験を生かし、てんかんなどの神経疾患にも可能な範囲で対応いたします。ただ、専門性の高い疾患の場合は脳波・MRIなどの検査・緊急時対応などが行える病院との連携が必須となります。
症状が重篤な場合や専門性が高く当院での対応が不可と判断した場合には近隣の病院を紹介いたします。

また、診察の順番は基本的に予約に基づきますが、症状の程度に応じて順番が前後しますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

感染症 上気道炎(かぜ)・気管支炎・肺炎・とびひ・手足口病・ヘルパンギーナ・インフルエンザ・溶連菌感染症・マイコプラズマ感染症・細菌性胃腸炎・みずぼうそう・おたふく・はしか・風疹・嘔吐下痢症・RSウイルス・・・など
アレルギー 気管支喘息・アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・花粉症・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・・・など
神経 熱性けいれん、てんかんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達遅滞、軽度発達障害など
その他 生活に関するご相談など

プリックテスト

プリックテストとは、皮膚表面にアレルギー症状を引き起こす原因となるものを滴下し、その部位を専用の針で少しだけ刺し、発赤疹・じんましんの出現を判定する検査です(約15分〜30分で判定します)。
主に、即時型アレルギーの反応を確認するため用います。
特に乳児に関しては、血液検査だけでは判定が困難な場合がありますのでアレルギーが疑われる食材などがあればご相談ください。


 

診療受付時間

 
8:30~12:00
(受付終了11:30)
14:00~15:00
15:00~18:00
(受付終了17:30)

〇:一般診療(予約システムでは7日前から予約可能です)
◎:乳幼児健診・予防接種(予約システムでは60日前より予約可能です)
【休診日】 水曜日・日曜日・祝日

おりつこども部屋

受付
処置室
エントランス
エントランス
キッズスペース
第2診察室
お手洗い